--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.07

TWEEDRUN BISHU

 今年三回目となるTWEEDRUNも無事終了しました。過去2回は名古屋市内の栄を中心に行われていましたが、今年はTWEEDRUN BISHUと称し毛織物の産地である一宮で開催されました。

IMG_2569.jpg
TWEEDRUNとは?
 英国発祥の云々みたいなウンチク的なことはWEBにお任せし、端的に言えばその名のもとファッション好きを集めツイードの着こなしを見せ合うことでリア充を競うところに自転車を絡めたお上品なイベントであり、業界の仕掛けです。トレンドや流行は自然発生的なものはほぼ無く、どこかの誰かに仕掛けによるものがほとんど。でも仕掛ける人は相当なリスクを負い先行投資をする訳でとても勇気がいることだと思います。TWEEDRUNにも英国にしっかり版権使用料を払っていると聞きます。見た目は「いいね!ボタン」をみんなで推しあってる浮ついた雰囲気も漂いますが、実際は企業や仕掛け人の意思が働いています。数年前から(これもある商社の仕掛けで?)ハリスツイードが流行っていますが、その流れから内地の毛織物の販売に繋げようと私の勤め先をふくめた東海地区の繊維企業が第一回目より協賛し回数を重ねながら認知度も少しずつあがり、今回の産地開催となりました。

IMG_2545.jpg
 栄で行った過去2回は街の注目を集めたものの100人超の団体が交通規制なく自転車に乗るにはやや窮屈な感がありましたが、一宮では参加人数200人を超えながらゆったりとした時間のなかでおおらかな気持ちで走ることが出来ました。ただそれもボランティアの自転車フォーラムさんや協賛企業の社員の皆さんのサポートによりスムーズに運営されたに他なりません。もちろんそれを周到に準備した事務局のきめ細やかも大前提です。仕掛けとはそんな人たちの思いが一つになった真剣なものであることを強く感じました。繊維産業はユニクロの出現来続くデフレスパラルから抜け出したいと必死なのです。

IMG_2549.jpg
 一方自転車という側面でみると、参加者はファッションに重きを置かれ、いわば自転車について語り合ったり「いいね!ボタン」を押しあってるような光景はそう多くはみられない。一部マニアックな方はモールトンやロードバイクを持ってきてたりするけど、半分は用意されたレンタバイクを借りていて、かく言う私の役割も、実は参加する同僚用にカミハギさんから自転車借りること(自分のも目いっぱい出します)。普段スポーツバイクに乗らない方には無茶苦茶新鮮みたいです。我々にとっては走り飽きた?木曽川堤防に感嘆の声をあげていました。もしこの部分にもう一つ「自転車」の仕掛けがあると、さらに相乗効果が生まれるだろうなと思いました。

・・・とまあエラそうなことを並べてますが、所詮私などはファッションと自転車の両方を純粋に楽しんでいるに過ぎません。でもせめてファッションだけに偏重しないよう「自転車に乗るため」を心がけたつもりです。手持ちのものを着回し工夫するもファッションです、と言っておきましょうか。
bad82117.jpg  101610e9.jpg
(写真、タナカさんから頂いてます)
今回は10年近く前に買ったデマルキのウールジャージにカンパのアームウォーマー、リンプロのハーフパンツにGIROの冬用MTBシューズ。、なぜかRACEFACEロゴのはいったスカーフ。肝心のツイードアイテムは第一回で準備したベレー帽と今回唯一TWEEDRUNのためにタナカさんにつくってもらったラバットツイードのベストだけ。全参加者のなかでももっとも安価に仕上げたのではないでしょうか?中には20~30万は掛けてるでしょ?っていう方もいらっしゃいます。でもそんだけあったら自転車に投資するかな~?いやはや今年も楽しい一日でした。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hamabikes.blog41.fc2.com/tb.php/633-c1d235cb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
浜戸さんいつもありがとうございます。久しぶりに自転車をこぎ、気持ちいいなあと実感しました。また自転車乗ろかなあとおもったツイードランでした。あいかわらずの帰社命令ですみません。
Posted by 店主 at 2015.11.08 13:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。