--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.16

ダサっ!

はやりすたりで生きる業界にいる身として、表面的な流行を追いことを決して否定しません。
それは自己の表現方法としてとても楽しいことだと思います。以前エロかっこいいとかあったけど、ダサかっこいいっていうのもありかと思います。自転車で言えばLAやNYのストリートライダーの真似事。去年はそんな表現がしたくて、ふらっとバーを軸にいろいろ小細工してました。
でもダサかっこいいのってマニアックなところで我が道行くふりしてやっているのが前提だと思う。それがメディアにのりマスになり市場にも出やすい供給体制になると、かっこいいが外れダサっになる。もういらないな、去年買ったYANCOのPAD。Raphaのジャージは高かったからもう少し着るか。



スポンサーサイト
2008.06.07

珍しくロード練なんてするから

私達が集まってロード練やるなんて年に一度のこと。こんな滅多にないことを梅雨時にやるなんて、リスク高すぎ~。
のっけから年長者2人による映画「暴走特急」競演。av35km/hを超えるペースにふらっとバーはついていくのがやっと、というかついていけないです。決してクレバーではないスピードであっという間に二の瀬のふもとにつき、2本上った。いっぱい自転車がいることには驚いた。皆さん好きね~。
で、帰りも「暴走特急」復路編。二の瀬での「ミドル領域での練習が大事」とか会話したのもぶっ飛び。限界~最後はちぎれ~ノックアウト負け!オッサン2人のおかげで若者2人はまたロードが嫌いになりました。

帰りはのんびりと思ったが、一人になったとたん脚が動かなくなり、必死で帰った。
ショックだったのが、一ヶ月前(まだ虫垂炎になる前)一人で二の瀬~多度を回ってきた時のアベレージと同じだったこと。あの時は平地では心拍150以内を心がけて走ったはず。今日はこんなに頑張ったのに結局おんなじかよ。


2008.05.06

GW

正月・GW・お盆となると条件反射のように帰省する。今年もしかり。
4日間と比較的短いGWのため、Jの箱舘山は早々に諦め家族サービスに専念した。
その中で合計185km走れたのはよかった。
特に二日目の5/4は天気もよく、翌週のツールド熊野のコース(の一部)まで足を伸ばした。
結構ローディがたくさんいて、たくさんぶち抜かれたな~。普段景色の写真などとらんが気分がようございましたのでパチリ。

DVC00110.jpg
七里御浜の玄関口、獅子岩

DVC00109.jpg
熊野古道のひとつ、太郎坂入り口、ちなみに古道の脇にウチの墓がある。

3日連続走ったが、3日目腹痛におそわれた。
いつものウ○コはらいたでなく、胃腸が痛む感じ。疲れか?
4日連続走りたかったが、家に戻らなければならなかったし、無理せず今日は休み。
その分こいつらの練習につきあった。

DVC00034.jpg

さあ、明日からまた忙しい!がんばりましょう!








2008.04.26

フラれない話

朝、西の空と東の空を見て、なんとなく西のほうが明るいのではないかと思い、二の瀬に行くことにした。もし途中で降ってきたら無理せず戻ろうと思いながら走っていたけど、全然降ってこない。むしろ二の瀬から三重県側はすっげ~いい天気。雨対策のウィンドブレーカーのおかげで汗ばむ。多度から木曽川に戻ったところで路面が濡れていることに気づく。しかも結構な降りだったみたい。でももうやんでるし。天気予報の悪いこの日、結局全然フラれなかったモテ男、もといハレ男。

二の瀬は心拍160台に抑えることをテーマに上ってみた。道の上のほうまで延々続くのが見える時萎えてしまうことが多いのだが、今日は不思議とそんな気持ちにならず抑えつつも前向きに上れたのがよかった。なんか久しぶりに上りが楽しいと思った。やっぱ気持ちの余裕は大事だねぇ。タイムは落ちるけど。

DVC00107.jpg

↑二の瀬の頂上付近にて。久々ふらっとバーの画像をアップ。
本当はここから入って行きたいところだけど。

2008.04.05

三国山~カトサイコース

今年初めて100km超えた。しかも100.2km・・・200mしか超えてない。

コースは三国山を上ったあとにカトーサイクルに向かう、ある意味めちゃくちゃ。
カーナビは俺自身!を誇る私ならでは、ともいえる。瀬戸の品野町から新瑞橋までに交差点を曲がった回数はわずか5回(後から数えただけだが)。

ちなみにカトサイで何も買わなかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。