--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.07

TWEEDRUN BISHU

 今年三回目となるTWEEDRUNも無事終了しました。過去2回は名古屋市内の栄を中心に行われていましたが、今年はTWEEDRUN BISHUと称し毛織物の産地である一宮で開催されました。

IMG_2569.jpg
TWEEDRUNとは?
 英国発祥の云々みたいなウンチク的なことはWEBにお任せし、端的に言えばその名のもとファッション好きを集めツイードの着こなしを見せ合うことでリア充を競うところに自転車を絡めたお上品なイベントであり、業界の仕掛けです。トレンドや流行は自然発生的なものはほぼ無く、どこかの誰かに仕掛けによるものがほとんど。でも仕掛ける人は相当なリスクを負い先行投資をする訳でとても勇気がいることだと思います。TWEEDRUNにも英国にしっかり版権使用料を払っていると聞きます。見た目は「いいね!ボタン」をみんなで推しあってる浮ついた雰囲気も漂いますが、実際は企業や仕掛け人の意思が働いています。数年前から(これもある商社の仕掛けで?)ハリスツイードが流行っていますが、その流れから内地の毛織物の販売に繋げようと私の勤め先をふくめた東海地区の繊維企業が第一回目より協賛し回数を重ねながら認知度も少しずつあがり、今回の産地開催となりました。

IMG_2545.jpg
 栄で行った過去2回は街の注目を集めたものの100人超の団体が交通規制なく自転車に乗るにはやや窮屈な感がありましたが、一宮では参加人数200人を超えながらゆったりとした時間のなかでおおらかな気持ちで走ることが出来ました。ただそれもボランティアの自転車フォーラムさんや協賛企業の社員の皆さんのサポートによりスムーズに運営されたに他なりません。もちろんそれを周到に準備した事務局のきめ細やかも大前提です。仕掛けとはそんな人たちの思いが一つになった真剣なものであることを強く感じました。繊維産業はユニクロの出現来続くデフレスパラルから抜け出したいと必死なのです。

IMG_2549.jpg
 一方自転車という側面でみると、参加者はファッションに重きを置かれ、いわば自転車について語り合ったり「いいね!ボタン」を押しあってるような光景はそう多くはみられない。一部マニアックな方はモールトンやロードバイクを持ってきてたりするけど、半分は用意されたレンタバイクを借りていて、かく言う私の役割も、実は参加する同僚用にカミハギさんから自転車借りること(自分のも目いっぱい出します)。普段スポーツバイクに乗らない方には無茶苦茶新鮮みたいです。我々にとっては走り飽きた?木曽川堤防に感嘆の声をあげていました。もしこの部分にもう一つ「自転車」の仕掛けがあると、さらに相乗効果が生まれるだろうなと思いました。

・・・とまあエラそうなことを並べてますが、所詮私などはファッションと自転車の両方を純粋に楽しんでいるに過ぎません。でもせめてファッションだけに偏重しないよう「自転車に乗るため」を心がけたつもりです。手持ちのものを着回し工夫するもファッションです、と言っておきましょうか。
bad82117.jpg  101610e9.jpg
(写真、タナカさんから頂いてます)
今回は10年近く前に買ったデマルキのウールジャージにカンパのアームウォーマー、リンプロのハーフパンツにGIROの冬用MTBシューズ。、なぜかRACEFACEロゴのはいったスカーフ。肝心のツイードアイテムは第一回で準備したベレー帽と今回唯一TWEEDRUNのためにタナカさんにつくってもらったラバットツイードのベストだけ。全参加者のなかでももっとも安価に仕上げたのではないでしょうか?中には20~30万は掛けてるでしょ?っていう方もいらっしゃいます。でもそんだけあったら自転車に投資するかな~?いやはや今年も楽しい一日でした。

スポンサーサイト
Posted at 22:15 | 日々 | COM(1) | TB(0) |
2015.03.03

春のスーツを新調しました

 1シーズンに1着誂えるようにしています。もちろん今回もオーダーサロンタナカさんでお作り頂いております。
生地もこのところ連続で葛利毛織さんのものを選んでおります。春らしく通期性のよいホップサック織ながら昔ながらの低速織機で織られる生地は、目付が冬素材と同じかそれ以上なので、かなり重量感あります。真夏には着られないですね。夏はクールビズも定着し無理して上着を着る必要もないので、しっかり春先から着られるもののほうがよいと思っています。またあまり軽量な素材は着用シワや汗などで着くずれしやすいような気がします。ある程度生地に重量があるほうが、しっかりドレープしてスーツの型を保持してくれるんじゃないでしょうか。
 
 でもそれ以上に重い葛利さんの生地を選ぶ理由があります。それはじいちゃんのクローゼットをイメージするからです。私の祖父はもう20年以上前になくなっている明治生まれの人ですが、田舎の割にかなりハイカラな方で、なんとか洋品店で誂えた背広を結構もっていました。アイテムを具体的に覚えてはいませんが、トータルですごく印象的でそれを今に再現できれば思っています。私は同じ町で一番近くに住んでた孫であり祖父には一番よくしてもらいました。祖父が”生きかえる”夢もたまにみたりします。校長先生だったので地域の人々からも尊敬されていた、そんなじいちゃんへの憧れや想いを形にするのは実に楽しいことです。

 3ボタンチェンジポケット、センターベントが多い私にしては珍しくサイドベンツとオーソドックスなスタイルにしたのは、素材感を前面に出したかったから。それをしっかり具現化してくれる田中さんはホントに頼れるスーツ屋さんです!

IMG_1263.jpg      IMG_12681.jpg






Posted at 23:27 | 日々 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.31

italian bike

コルナゴ ピナレロ デローザ・・・10年余の自転車歴のなかで実はイタリアブランドの
バイクを乗ったことがありませんでした。やはり至高のバイクたるはイタリアン。
しかしついに憧れのチェレステを手に入れました!!

NEC_0146.jpg

・・・奥様チャリです。
これに乗ってさっきカミハギさんから帰ってきました。
イタリアンバイクへの憧れも小径車への興味も強烈な向かい風に吹き飛ばされました。

Posted at 21:24 | 日々 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.05

復帰は暫く先です

ここ4週間午前様~ホテル住まい~徹夜の繰り返しでBIKEに乗れるような
状態ではありませんでした。若干ケツの毛引き抜かれるような思いもしながら、
カーボンホイールとか29erとか全く頭に浮かばないのは自分でも驚きです。
今日は久々に休みをもらいました。ホントは休んでる場合じゃないんだけど、
このままじゃ気力体力持たないしね。

朝も8830起床が精一杯。昼から子供たちと喫茶店ツーリングしてもう終了。
あれ?貴重な休みでそんだけ?
筋力も相当落ち込んでいることだけはよくわかりました。
ちなみに目的地の喫茶店はここです。

しかし乗ってみるとそれなりに収穫あって、久々なはずなのに意外にもサドルが
低いと感じました。確かにここ数年少しずつ下げてはきたんだけど。
こういった直観的なことは割と信じたい性分なので、1cm以上の大幅値上げに
踏み切りました。
ゆるゆる走っている分には全然問題ないけど、実戦ではどうか?

しかしまだまだ仕事は課題山積みで、BIKEライドへの復帰は当分先と
なりそうです。

Posted at 18:32 | 日々 | COM(0) | TB(0) |
2011.12.17

王様の結論

これ以上無益な争いを避けるべく、王は立ちあがった。
今までの誰よりも華麗で強く、そして頼るものをしっかりと支え振り落とすことなど無い
と呼ばれる逸品。それがKINGのボトルゲージ。

NEC_0116.jpg

今まで散々いろんなボトルゲージを買い漁りながら、どれも飽きちゃってまた買って。
もうこれで最後!一生使います!!?
しかしこれが単独の写真じゃわからんけど、普通のより明らかにちっちゃくって
サイズ間違いかと思えるくらいなんだけど、どうやらこれでいいらしい。
無理矢理?こじ入れると、しなって入っていくのです。
確かにこれならトレイルやレースでボトルを落とすことは無かろう!

ところで、このKINGはクリスキングのこと?それとも別物?


Posted at 16:48 | 日々 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。