--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.09

HAMABIKES ふり返り VOL.2

SCHWINN ROCKET88
2001年の暮れ、カミハギでわけありフレームを格安で購入した。
最初はCYCLEWORLDからのパーツ換装で組んだが、このあたりからMTBにはまり出し、ディスクブレーキ・チューブレス・SIDとXCバイクのスタンダードへの道を突き進んでいった。
初めて山で乗ったとき、下りよりも上りにメリットを感じたことは今でも鮮明に覚えている。それまで下り系のフルサスに少し乗らせてもらったことはあったが、とても上れるようなBIKEではないと思っていたので、かるく衝撃的であった。
しかししっくりこない点もあった。それはシート角が寝気味なことで、サドルを普通にセットするとやたらにBBが前に感じてしまう。とはいえサドルを前ノリに変えると、フレームが小さめ(TOP540mmぐらい)でハンドルまでの距離がかなり短くなってしまう。この頃から耐久レースとかにも出始めて、フレームが小さいことがすごく気になりだした。
結局その1年後には、軽量にもそそられることもあって、同じくSCHWINN HOMEGROWNフレームを購入し、そちらをレースメインBIKE、ROCKET88はお気楽FRバイクとなっていった。
結局ROCKET88は約2年半ほど乗ったところで、ロード購入資金とすべくオークションに出品した。

これも写真がなく、残念である。


rkt.jpg



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hamabikes.blog41.fc2.com/tb.php/17-7549a779
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。