--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.25

インプレッション in かかみ野

午前中用事があってみんなと乗ることができなかったんだけど、午後時間もらって
かかみ野行ってきました。
もちろん自走は無理。車で行きましたが、それでも休み休み1時間走るのがやっと。
暑すぎる。

感じたNINERのメリットは、トラクションの掛かりがよいこと。
常設コースの最初の上りや切り返しの上りで、立ち漕ぎで強引に踏み倒すことができる。
今までトラクションと漕ぎの軽さは相反するものと思っていましたが、こういう両立が
あったのか!と思ってしまいました。それが活かせるかどうかは、体力次第ですが。

先々週ブチこけた奥のシングル下りも、余裕をもってクリアできます。
いつもはドロップ手前の根っこの連続でリズムを崩しがちですが、期待通り踏みつけて
走ることができました。ドライなら縦の根っこにそのまま縦に入っていける。
サスペンションのセッティングを変えながら、4回連続リベンジしてやりました。

デメリットというか、26インチと感覚が一番違うところは、タイトコーナーでリアを
意識して振る必要があるところ。慣れの範囲かも知れないけど、やや一体感に欠ける。
オーバースピードで突っ込んでブレーキングした時の立ち上がりも、少しもたつく。
それと車輪が大きくなる分軽いギアを選びがちになり、26インチならフロントミドル
しか使わないのにインナーを使いたくなる。フロントのシフトチェンジの頻度が高くなる
のはちょっと嫌かも。解決方法はやっぱ10速の36Tしかない?

そんな感じでいろんな新鮮さはあったけど、昨日も書いたように、29erだからって
劇的に速く走れるようなことはありません。そこは残念ながらトレイルでも一緒でした。
29erメリットは、トラクションの掛かりや安定感でミスを少なくすることができる、
ということなんですね。速く走れるかは乗り手次第!
それでも集中力を欠きそうな暑さの中でミスを減らすことは大事であり、来週の白馬で
投入しようか?迷ってきちゃいました!

SNC00110.jpg




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hamabikes.blog41.fc2.com/tb.php/344-8a4f741b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
白馬は29er効果期待をできそうですね!

富士見でNINERを試乗しましたがフルリジッド
なのに下りが楽チンで驚きました
新型XTはなかなか良かったです
Posted by マツモト@山師 at 2010.07.25 22:09 | 編集
ナルホド…貧脚には向かないってことですな…全く私じゃ無理じゃあないすか。
さすがの“走破力”、充分戦力になるんじゃ?ストレス無い分、他に力を割く事できますしね。
36tって29er用に追加ラインナップにあった気がしたしたけど、やっぱり気のせい?みたい(=shimanoもSRAMも10s用ですな)取り急ぎ34tでも放り込んどいて下さい。
Posted by 飼い犬 at 2010.07.26 22:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。