--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.17

26インチで山練

今日の山練は、26インチのブリザードで参加。
29erを乗り込んでいる人たちには、たまに僕が26インチに乗り換えるのを不思議に見える
みたいだけど、「小径車」とか揶揄しながらもやっぱMTBのスタンダードはFサスの26インチ
ハードテイルだと思うわけで、まずそれを乗りこなせなきゃという思いからです。
29erオンリーだとほんとに26インチ乗れなくなるかも?と思えてくるし。

今日もしかしたら会話の中で、「29も26もあんまり変わらん」と言ったかもしれません。
(少なくともカミハギサイクルではそういいました)言葉足らずでした。補足させて頂きますと、
  ・言われる程29erの取り回しが悪いということはない
  ・今日のコンデションなら、26インチでもそんなに遜色なく走れる
ということです。
確かに180°近く折り返すようなタイトターンでは、回転半径が大きい分大回りしなければ
ならず、無理にこじると120°ぐらいから引っかかりを感じますが、デメリットはそれくらい。
バイクラの付録に書いてたことの受け売りだけど、車軸がより高い位置にくるので相対的に
人が乗った時の重心位置が下がることで、バイクと一体感を感じやすいのです。
飼い犬氏がよく「ナイナーのほうがコーナーで安定感がある」と言ってくれますが、理由は
重心の位置にあるのではないかと思います。今日乗って改めて思いましたが、26インチは
ひらひらはするけど人馬一体っていう感じが29erに比べると薄いです。
それとコンデションが悪くなるほどに29erはアドバンテージになります。去年の瀬女では
ほんとに助かりました。逆に今日みたくスーパードライなコンデションなら、そんなに大きな
差はつきません。
「あんまり変わらん」と言ったのは29erのデメリットはそう無いし、今日は差が大きく感じる
コンデションではなかったということです。

それにしても今日は疲れました。昨日のロード練で結構追い込んだもんなあ。
また今日も心拍上げきれない状態でしたが、去年もおんなじようなこと書いてます
きっとそのうち上がってくるでしょう?いやそうじゃないと困る。
最年少中3のリュウスケにレース中の心理について語ってやったけど(ありがた迷惑だ!)、
案外というか100%自分に言ってます、ハイ!

全員じゃないけど、珍しく走行中のみんなの写真を撮ったので載せておきます。
四コマ漫画は得意じゃないのでそれは期待しないで。

  SNC00399.jpg  SNC00400.jpg

  SNC00396.jpg  SNC00398.jpg

  SNC00401.jpg  SNC00397.jpg
                        ↑
                        かがみ君わりい、切れた・・・








スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hamabikes.blog41.fc2.com/tb.php/420-5f53bfee
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。