--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.23

シクロクロス 機材考

関西シクロの2戦を出てみて、今シーズン取り付けたシクロの四つのパーツについて
今一度考えてみたいと思います。

【TRP Vブレーキ】
 案外これ付けてる人いましたね。想像はしてましたが泥詰まりやすいです。
 別にストッピングパワーが落ちるわけではないし、動かなくなるわけではないので
 走行上の支障とまではならないけど、シューとリムのクリアランスが狭いので、
 そこに泥が溜まって嫌な音と感触がする。クリアランスを取り過ぎるとせっかくの
 効きがあまくなってしまうのでもったいない。
 マイアミのように100%平地のようなコースだと、なんもメリットはなくカンチ
 のほうがむしろ良いです。でもシクロでトレール走れることが第一?な自分に
 とってはやはりマストなアイテムであることには変わりない。

【チューブレスタイヤ】
 これはもう絶対です。マキノもマイアミも空気圧2.5で走りましたが全く問題ない。
 マイアミなんて2.0で走るべきだった。リム打ちパンクを気にしなくてよいので、
 防風林の根っこなど段差が多いところでもスピードを落とさずに突っ込めます。
 衝撃も柔らかくなるので体でいなせる箇所が増えます。

【クランクBROSのキャンディ2ペダル】
 2戦どうもペダルが上手く嵌らないのは泥よりもペダルに原因がありそうです。
 ゲージ内のペダル本体の回転が非常に渋い。MTBに付けているキャンディ3と比
 べるとよくわかる。個体の問題かそれともグレードによる構造の違いか?
 いずれ一回OHしてみようと思うけど、乗車率の高いMTBならともかく乗っちゃ降り
 乗っちゃ降りのシクロだとペダルの嵌め外しは重要になるので、エッグビータ3の
 出番かな?赤アルマイトカラーが気にいってたんだけど。ちなみにこれ、レースじゃ
 なきゃ問題になるようなレベルではないです。

【シマノ純正46Tアウター】
 マイアミ前日に付けました。今までのストロング何とか(金剛?小林!?)の48Tに
 比べるとシフト操作が断然軽いです。当たり前だ。
 低速なシクロは48Tだと殆どレースで使えないので46Tにしてみたけど、それでも
 マイアミの砂地では使い物になりませんでした。舗装や防風林内ではそりゃ使い
 ましたけどね。48Tは廃棄しちゃったし戻すことはないですがひとつ問題があって、
 普段のオンロード練で48Tだとちょうどケイデンス90回転で30km/hだったので
 いい目安になっていたのですが、46Tだとリアを1段上げると32km/hぐらいに
 なって巡航続けるにはちょっと苦しい。そうかといって下げると練習にならんし。
 要は速く走りゃいいだけってか。

シクロのレースは時間短いけどコンディションはMTBよりシビアなくらいなので、やれ
乗り味だとかコギが軽いとか悠長なことを機材に求めていられない。そんなわかり易い
ところがいいですね。自分がシクロが好きなのはここら辺の感覚のような気がします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://hamabikes.blog41.fc2.com/tb.php/488-90437462
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。